ブログトップ

ベルギー 田舎季記

ベルギーの田舎で暮らす家族。自分で考え自分で作る。さぁ、行ってみよう!よその国へ。


by 樫の木
プロフィールを見る

なんだがうまいない

うまそうだな。

b0229145_15363620.jpg
彩がシックじゃない?!
味わいも渋く、秋は成熟だなぁと実感。

来る冬は枯れて朽ち果てると考えがちだけど、私は庭仕事を通して知った。
そうではない。
もう次の芽を宿していることに気付く。

捲る捲る季節は周る。
春夏秋冬そのときにできるものを出来るだけ多く食べたい。





[PR]
Commented by haru_rara at 2018-10-11 21:35
結婚が決まって、夫の家に親戚や近所のおなご衆を招いてご馳走する、ということがあったのですが、初めて食べた料理に「おいしい」と言ったら、「ンめぇ、だ」と笑われたことを思い出しました。
土地のことばっていいですね。

茗荷ですか!
どんなお料理になるんでしょう。
わがやは家族の好む甘酢に漬けました。きれいなピンクに染まりますね。
Commented by Strobbe Chieko at 2018-10-14 00:08 x
こんにちは~。
何時もブログ拝見させていただいております。
ありがとうございます。
新鮮なトマト美味しいトマトソースが出来ますね。
ミヨウガも作っているんですね。
私ミヨウガ大好きでいろんな料理に使いたいですが
ベルギーでは手に入りませんのであきらめています。
お野菜作り素晴らしいです。
ブログを楽しみにしております。
Commented by chene-eichel at 2018-10-14 16:27
> haru_raraさん
同様に私は「おなか」って使い慣れていなくって。
上品?なのかもしれないけどしっくりこないです。
大地に根を張って生きることをより意識してくれば、もう、見栄も恥も関係なくなる。
そんな境地に至ってきました。

私は胡麻油に醤油、酢、白胡麻を合えて。
紫蘇もがんばって使わないと。それこそ、お天道様に対する冒涜ですものねっ!
Commented by chene-eichel at 2018-10-14 16:58
> Strobbe Chiekoさん、こんにちは。
恵まれたこと事に家庭菜園が出来るくらいの空間が有りますし、パートナーも「家庭で食べるくらいの量はBIOでできたらいいね」とのことで、夏はそれに励んでおります。
友人たちは一時帰国の際に種を持ち帰ったり。
春先には日本のホームセンターで茗荷の根が売ってたりします。
大き目の鉢にそれを植えてもいいかもしれませんね。
このぴりりとした野菜があるかないかで夏のバテさ加減(特に今年)が違うかも?!
by chene-eichel | 2018-10-11 15:54 | ベルギー田舎暮らし | Comments(4)